内科

昨日は母の付き添いで、内科と整形外科に行って来ました。
夏休みで、子供さんが多いので混んでました。
しかし、検査項目が無かったので、意外と早く終わりました。
いつものように、妹が送ってくれて、すぐショッピングセンターに行ったらしいけど、着いた途端に私に呼ばれた感じです(笑)
母は、前日も見えない相手と30分くらい話し続けていました。
小さい女の子が来ているようで「お母さんが心配してるから帰りなさい。」と延々説得していました。
最後の方は「お願いだから帰って。」と泣きながら話してました。
私がいくら言っても自分が正しいと思っているらしいです。
そのことも先生に言いましたが、「何らかのストレスが有るんでしょう。」というだけでした。

整形外科のはしごも終え、家に帰って妹も帰ってから又おかしくなり始めました。
うちは三世代で住むつもりだったので、部屋が小さく別れてしまっていて、それが母には理解できないらしく・・。
南向きのこの部屋に間違って入ると出ていけ無くて、外に向かって「助けて~!」と騒いだらしい。
私にはそれが聞こえなかったのですが、隣のご主人が飛んできて「どうしたの?」と言われてしまいました。
母は自力で部屋に戻っていて割りとケロッとしてました。

どういう風に対処して行ったら良いのか、私には知恵が浮かびません。
例えば、母の隣のこの部屋に私が寝起きするとして、夜中に何回起こされるのか、と思っただけで気が滅入ってしまいます。
祖母も酷い認知症で、叔母は紐を付けておいて、引っ張らっれると起きていたみたいですが、私にそこまで出来るのかどうか。

本当に自分は冷酷人間なんだな、と思います。


それにしても、母が見つめている方向は所謂「鬼門」の方向で有るときが多く、私も一緒に怖がってしまって毎日鳥肌立ててます。
一番怖いのはトイレの隣の窓。
前から苦手だったのに、明けられなくなってしまいました。
トイレが近くて夜中に行かなくちゃならない母は大変です。
大体、お年寄りの部屋は家中で一番日当たりが良い南東の場合が多いのに、トイレは北方向ですよね。
お年寄りが一番長い距離を歩かなくちゃいけないですね。
そろそろ、考える時が来たと思います。


ところで、こないだ新聞屋さんが来て、「有料読者に選ばれました。」と 「金麦1ケース」と「おーいお茶1ケース」と「赤いきつね1ケース」と「ファーファ3個」、おまけに選べるカタログ1冊貰いました。
何でこんなに貰えるんだ?とちと怖かったです。
貰っちゃったけど。
ビールが現金に化けないかしら?^^;
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torota

Author:torota
夫一人、子供二人有りの主婦です。
実母も同居中。
18歳でQUEENからROCKの世界にどっぷり填っています。
今は洋邦問わず浅く広く活動しています。
もしかしたら、ただのミーハーかも・・・
よろしく、お付き合い下さい。


LIVE等 出没予定
12/6 SUGIZO ZEPP TOKYO

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
リンク
RSSフィード
ブログ内検索